個人撮影会 2020/12/05(土曜日)

夏樹ほたる
夏樹ほたる
夏樹ほたる

プロフィール

名 前 夏樹ほたる
生年月日 2001/05/30
身 長 161cm
サイズ Gカップ♡
趣 味
料金
~Gカップでパイパンだよ~
16,000円!
オプション
動画15分あたり1000円
+α (詳しくはスタッフまで)
※衣装持ち込み持ち帰りOK
撮影内容
ヌード撮影会・ポーズフリー
セッション

プロフィール

こんな都会の熊さんである私Tでも、
仕事の疲れが溜まることだってある。
癒やされたいと思った私は、
秋葉原のコンカフェに向かった。
そこで私は「巨乳アイドル」というコンセプトのコンカフェに入った。

キョドキョドする私がカウンターに着くと、
女の子の近づく気配がした。
『お帰りなさいませ、ご主人さま~』 ばいん・ばいん・ばいん
??なに?「ご主人さま」はいいけど、その後の「ばいんばいん」は!?

振り向いた私は驚いた。
きょにう!巨乳!きょにゅー!
【夏樹ほたる】『19歳』というネームプレートをしたその娘が動くたびに、
制服の上からでもはっきりわかる巨乳が暴れる。
ばいん・ばいん・ばいん!
『【ほたる】です。こんにちは。ご主人さま初めてですか?』
「そうなんです」
『ゆっくり見ていってくださいね』
「見る?何を見るの?【夏樹ほたる】ちゃん」
『なにって、もちろん、お・っ・ぱ・い!』
「うっ…」
『結構大きいでしょ?』
「結構じゃなくかなり大きいんじゃない、【ほたる】ちゃん。Fカップ?」
『ううん、G。Gカップなの』

「【ほたる】ちゃんはなにやってそんなに大きくなったの?」
『う~ん、なんだろう。 小中高バレーボールやったからかな』
「バレー?確かに背は高いけど、おっぱい大きくなるかな?」
『ほら、“おっぱいバレー”ってあったじゃないですか』
「ああ…って、あれは映画でしょ?」
『でもバレーやってたら背も161まで伸びたし、おっぱいもGカップになったのお!』

カウンターの向こうに居て、かいがいしく飲み物を作ったり、
話をしてくれる【夏樹ほたる】ちゃん。
聞き上手でもあり、話し上手でもある。
こういうカフェでは、女の子にドリンクをおごるのも含めてのプレ…いや、遊びである。
私は【ほたる】ちゃんに飲み物を勧めた。
彼女は、アルコールドリンクを作って飲んだ。

「【ほたる】ちゃんってグラビア系の、え~っと、だれだっけあの娘に似ているよね」
『はいはい、言われますね“名前が出てこない系”のアイドルに(笑)』
「ははは、ごめん…。
くりっとした目がかわいいし、ちょっと前で言うアヒル口っぽい口元も良いね。」
『可愛いの、顔だけ?』
「いやあ、顔だけしか見えないし」
『さっきから、下も見ているじゃないですか』
「はは、おっぱいもおっきくて可愛いね!」
『服の上から可愛いってわかるんですかあ?』

【ほたる】ちゃんは、耳元でこういった、
『(見せたげよっか?生おっぱい)』
ごくり。
『(ちょっとだけだよ……、えっとブラ外して…)』

めくりっ
鼻血ブーーーーーーーー!

すごい! おっきい、お椀型と釣鐘型のいい感じのフュージョン!
たゆんたゆんの、ふわっふわ。
薄ピンクの乳輪と、ピンク色の乳首!
そしてお肌が綺麗な美白美肌で、おっぱいの血管が薄く見えるほど!

『すごいね! それにしてもきれいな肌だね、ツルッツル!』

【ほたる】ちゃんは、再び耳元でこういった、
『(ツルツルなの、おっぱいだけじゃないよ?)』

なになに?どういうこと??

めくりっ
鼻血以外の何かがびゅーーーーーーーーーー!

なんと【夏樹ほたる】ちゃん、スカートをめくったのだが、
ノーパンで、しかもパイパン!
キレイなくびれも見えたし、大きめのお尻もぷりんとしていてエロい!

ひとしきり興奮した後、おちついた私は聞いた。
「【ほたる】ちゃん、エッチでしょ?」
『う~ん、一人では毎日するほどじゃないけど、求められれば毎日するかなあ。
 後ね、自分の彼氏と、その友達と四人くらいで部屋で雑魚寝して、
 友達に気付かれないようにやってみたい!』
「ほとんどAVの世界だね」
『そうそう』

「でもこんなグラビアボディの可愛い女の子、彼女にできたらいいだろうね」
『できるかもよ』
「えっ」
『イメージDVDの中で』

とにかくそのグラマラスグラビアボディが悩ましく、
Gカップのおっぱい、抱き心地良さそうなバランスボディ、
ロリ可愛いルックス、パイパン、素晴らしい所だらけの【夏樹ほたる】ちゃん。
はたして「イメージDVD」の謎とは?
そして経験人数4人なのに、オプション全然OKなんて!
もうこの段階で興奮してしまうアナタにおすすめします!
ぜひ撮影会に来て全てを明らかにしてください!