個人撮影会 2021/04/26(月曜日)

渋谷ももこ
渋谷ももこ
渋谷ももこ

プロフィール

名 前 渋谷ももこ
生年月日 2001/12/12
身 長 163cm
サイズ Eカップ♡
趣 味 人とお話しすること♡歌って踊ること♡
2021/04/19(月)22:00
から予約開始します。
開始までしばらくお待ち下さい。
料金
〜18歳でこのエロスは危険!〜
18000!
オプション
動画15分あたり1000円
+α(詳しくはスタッフまで)
※衣装持ち込み持ち帰りOK
撮影内容
ヌード撮影会・ポーズフリー
セッション
  • 6部 16:15~17:00 
  • 7部 17:15~18:00 
  • 8部 18:15~19:00 
  • 9部 19:15~20:00 
  • 10部 20:15~21:00 

プロフィール

“以上で、今回の生徒会は終わりま……”
『ちょっと、待ってください!』
“はい、【渋谷ももこ】さん”
『いつもいつも、ダラダラ時間をつぶすばかりで、
皆さんは、本当にこの学校を良くしようとは思わないのですか?』
生徒会役員、【渋谷ももこ】は憤っていた。
18 歳、歳の割に大人びて、落ち着いている彼女である。
“思いませ~~ん”
“同じで~~す”
『え~~~~っ!』
“だってどうせ内申書に影響ないし”
“早く帰って勉強したいし”
『くっ』
そう言われれば、【ももこ】自身もはやく帰って家庭教師の仕事をしたい。
こっちのほうが、個人の生徒に、自分の経験を生かして、
未来をより良くするために貢献できるじゃないか、とまで思っている。
しかし、【渋谷ももこ】には、生徒会役員としているからには、
この学園をより良くする使命がある、と心に誓っていた。
だが……
「はい、提案で~す」
“なんですか、N 君”
「ボクに提案があって~、あの~、もっとぉ~
“せいきょういく”を生徒レベルでやるべきだと思います!」
“せいきょういく”ってなんですか~“
「あの~、男と女が裸ですることを、真面目に勉強することだと思います~」
『異議あり!』
【渋谷ももこ】が反対した。
『N 君、そんな、は、破廉恥なこと、けしからんです!』
「え~、【渋谷】さんは、さっこんのぉ~、日本の風紀の乱れをどうもおもわないんですか~」
『思いますとも!』
「大人に任せていてわ~、いつもどおりの知らぬ存ぜぬの教育で~、
子どもたちに間違った知識のまま、より性は乱れていくと~、思いますぅ~」
『うう、アホな口ぶりの割にはまともなことを言う!』
『う…分かったわ…、N 君。
それでどうするの?』
「あのね、まずね、ボクと【渋谷】くんで裸になってみることだと思いますよ!」
『?急に饒舌になった!』
「そして、男女の体を見せ合うことで、お互いの理解を深めることだと思うんですね!」
『ええ、やってみましょう!』
【渋谷ももこ】が衣服を脱いだ。
ロングの黒髪がふわっと揺れ、いい香りがたなびく。
大人っぽい表情は、恥ずかしげに赤く染まっている。
横を向いたときの鼻筋の綺麗さが素敵である。
163cm、57kg の、ちょいむちグラマラスなボディも、
歳不相応な色香を放っている。
そのおっぱい様は E カップ相当だろうか。
相当柔らかそうに見え、動くたびにふわっと揺れる。
美乳。そのおっぱいを評するにはそれ以上の言葉はいらない。
肌は色白で、若さ相当のキメの細かさがある。
緩やかな腰のくびれは、N を挑発するかのごとく。
お尻はたっぷりと質感があり、
そのなかに秘めている、新たな生命の褥を感じさせ、
若々しく茂らせているアンダーヘアーの存在がもどかしく感じられた。
「【渋谷ももこ】くんは、どんなエッチが好みなんですか」
『!失礼ね、あなたに言う必要ないじゃない!』
「言いなさい」
『!』
実は【渋谷ももこ】は M、結構 M なのである、
攻めてほしい、虐めてほしい願望があった。
N にこんなことを言われて、生来のプライド、負けず嫌いから反抗心も芽生えるが、
体の奥が熱くなり、なにかが脚の間から零れ落ちそうになるのを禁じ得なかった。
『首を絞められたり… 噛まれたり…
縛り付けられながらのプレイとか…』
「なんだ。ド M じゃないですか、エッロいなあ」
『ううっ…』
「じゃあ、僕たちの“せいきょういく”を初めましょうか……」
『性教育って…?』
「せ○くす!」
……
『結局、そこか~~い!
F*ck your ass !』
【渋谷ももこ】は、6年海外留学をして堪能になった英語で、N を罵倒した。
そんなお色気の具現化、
【渋谷ももこ】ちゃん 18 歳、繰り返します、18 歳でこのセクシー!
是非ジューシーコレクションに撮りに来てください!