個人撮影会 2021/09/24(金曜日)

小松しおり
小松しおり
小松しおり

プロフィール

名 前 小松しおり
生年月日 1996/11/16
身 長 161cm
サイズ Cカップ♡
趣 味 写真を撮ること♡
料金
~謙虚で優しい夢の国のキャスト~
18000円!
新橋価格17000円!
オプション
動画15分あたり1,000円
+α(詳しくはスタッフまで)
※衣装持ち込み持ち帰りOK
撮影内容
ヌード撮影会
セッション
  • 9部 19:15~20:00 
    予約終了
  • 10部 20:15~21:00 
    予約終了

プロフィール

ここは某夢の国。
老いも若きも、男も女も、一時の楽しみに身を任せている。
“きゃー!ネズミーマウス!可愛い~~!”
“写真撮ってもらおうよ~~!”
“ハハッ!お安い御用だよ!ハハッ!”
“きゃー!”
『お写真、撮りましょうか?』
“あ、キャストのおねーさん、有難うございます!お願いしていいですか?”
『もちろんですとも!』
『はい、撮りますよ~~、はい!』
“パシャ”
“あーん、お姉さん有難うございます~~、ネズミーマウス素敵だった~~”
“あ!あっちにはトランプダックがいるよ!”
“ちょっとまって!まじラッキーマンなんですけど!”

タタタタタタ・・・・・・
「…ふむ、お姉さんは親切ですね」
『いえ、キャストとして当然で…って、あなたは?』
「通りすがりの熊、と申しましょうか。
もちろん、夢の国の黄色い熊とは違って、下は履いていますよ」
『はあ……』
「お姉さんは心がきれいで優しい。だがその美しさは上辺だけのものかもしれない…」
『何を言います!私は心からお客様の笑顔のために…』
「今までもそうでしたか!?」
【小松しおり】というキャストは冷静に言い返した。
『もちろんですとも。 こちらに来る前のアルバイト、生花店でも、
自分のアレンジした花を喜んでもらって、それがたいそうやりがいになっていました。
そのスキルをこの夢の国で活かそうと思って頑張っています!』
「なるほど」
『人と話すのが好き、ちょっとお節介だけど、それだけ人の役に立ちたいんです』
「【しおり】ちゃん。それはそうかも知れない。
だが、名は体を表す、体は名を表す!
もし君がそのとおりにきれいな心の持ち主ならば、
体もきれいなはずだ!」
『ええ? 詭弁論法~~!』
「【小松しおり】ちゃん。では負けを認めるのだね?」
『……いえ、夢の国の名誉のために、私がんばります! 見てください!』
ばっ!
そこには一糸まとわぬ【しおり】の裸身があった。
身長なら 161cm、体重は 52kg、スレンダーで長身。
「スリーサイズは?」
『82 – 58 – 85 です!』
「見事なバランスだ! だがもっと詳しく調べさせてもらうぞ!」
【小松しおり】ちゃんのルックスは、あいみょんか、小松奈々か、上坂すみれか。
穏やかともクールとも言える不思議な笑顔が似合う。
C カップのおっぱいはまさに美乳。
お椀型の乳房に可愛らしいころっとした乳首。
くびれが悩ましく、そこから続く、とにかく美しいお尻に続いている。
美尻も美尻。本人も自慢気にアピールしてくる。
あそこはごく少なめのヘアーがちょこんと乗っているのみ。
後ろ姿、背中から尻にかけてのアーチがドエロい。
『どうですか!自分で言うのもなんだけど、キレイでしょう?』
「うう…確かに…だがっ!
【しおり】ちゃん、君の奉仕の心はどうなんだ? エッチで身勝手なことはないのか!?」
『そんなことはありません!
ちゃんと好みの方がいるとああだこうだ妄想できますし、
されるより、してあげるほうが良いんです!お節介ですし!
SM に興味があるけど、するなら S 側の方でしてあげたいですし!』
「だが、経験人数はさほどではあるまい?」
『貴様は今まで食ったパンの枚数を覚えているのか?』
「……?え?」
『……そういうことです』
「分かりました」
こうしてスカウトされた【小松しおり】ちゃんは、
カメラマンのための夢の国、JuicyStyle にやってきた。
心優しく、がんばり屋で、ユーモアもたっぷり。
その見事なボディで魅せるサービスも期待できます。
なお、オプションも可能だそうで、より一層楽しめそうです。
【小松しおり】ちゃん撮影会。 そこは夢の国です………ハハッ!