個人撮影会 2021/06/27(日曜日)

森下えみ
森下えみ
森下えみ

プロフィール

名 前 森下えみ
生年月日
身 長 152cm
サイズ
趣 味 野球観戦♡
2021/06/20(日)22:00
から予約開始します。
開始までしばらくお待ち下さい。
料金
~美乳美尻のマネージャー~
20000円!!
オプション
動画15分あたり1000円
※衣装持ち込み持ち帰りOK
撮影内容
ヌードポーズフリー
セッション
  • 1部 10:30~11:15 
  • 2部 11:30~12:15 
  • 3部 12:30~13:15 
  • 4部 13:30~14:15 
  • 5部 14:30~15:15 

プロフィール

「マネージャー!大変だ!!」
『どうしたの?T くん?』
「キャッチャーの K くんが……」
『なんですって!?』
「【森下えみ】マネージャー。嘘みたいだろ。死んでいるんだぜ」
『そんな使い古された言葉を…。
どっからみても K くん、気を失っているだけじゃないの
しかも頭にコブこさえて』
「ううっ」
『一体どうしたのかしら』
「さあ。なんでもこの暑さで、急に“俺たちゃはだかがユニフォーム!”と叫んで…」
『ふむふむ』
「急にコンダラを引っ張り始めて…」
『読めたわ!犯人は貴方ね!T くん?』
「何で急に!?」
コンダラは正式には引くものではなく“押すもの”!それにコンダラは正式名称は整地ローラ
ー!』
「うグッ!」
『補欠である T くんならそれを知らないはずはない!
あなた!偽物の T くんね!』
「ふっふっふ…【森下えみ】くん。よくぞ見破った。
私の正体は体のどこかにボールの痣があるモデルを探している、
謎の撮影会主催、熊マン!」
『な~にが熊マンよ! 高校野球・社会人野球とマネージャー一筋に打ち込んできた、
この私を欺こうなんて甘いわよ!』
「ふっふっふ。
そのスレンダーボディはジューシー撮影会に捧げてもらおうか。
体にボールの痣を持つものの運命、逃れられはしないぞ」
『そんな痣なんて、持っていないわよ』
「嘘をつけ~~い」
『見る?』
「ええええ! いやほら、22 歳の美女がそう簡単に裸を晒しちゃだめじゃないの?」
『だって、熊マンに疑われて、うちの部員が失神させられているんだもん、
これはひと肌ぬがないと、文字通りなんつって』
「う~む【森下えみ】くん、サバサバと恐ろしいやつ」
スラリとスレンダーな【えみ】ちゃんのボディをドキドキしながら除く熊マン。
まるんとお椀型の、程よい C カップサイズのおっぱいがふわっと柔らかそう。
腰のくびれ、美尻のヒップ、あそこのヘアーは鮮やかに整えてある。
肌はツヤツヤ、色白系。
こんな美人でスレンダーモデル体型の女の子が、
野球部のマネージャーなんて!
「どうせ【森下えみ】くんなんて、
正常位より騎乗位が好きで、そのくせロマンチックなエッチが好き~とか言うんだろう?」
『…そうだけど?』
「ええ~~~!」
『どうにも正常位だと痛いときがあるのよね~』
「そうなの?」
『うん』
ちょっと試してみようか。僕のサイズ手頃だからさ…」
『あら、そうなの…って、
そんな都合よくヤラせるものか~~~~!』
「アフリカ!」
こうして面倒見もよく、素直で明るい【森下えみ】ちゃんが、
ジューシースタイルに参加することになった。
とにかくスレンダーで美人!お世話上手の彼女と、熱いトークをしながら撮影に打ち込もう!